小さな大工さん

まいとし、年長児は広いベランダで、木工遊びをします。
最初は作品なんてできません。小さい木切れに釘を何本も何本も打っています。
少しずつ要領がわかってくると、椅子ができたり、船ができたりしてきます。
あの集中力はたいしたもので、これが始まると、食事もそこそこに、かなづちで釘を打っています。
幼稚園は、「きつつき」の大群に襲われたように、一日中コンコン・コンコンという音が充満します。

← 前のページに戻る

更新日:

Copyright© 和歌山中央幼稚園 , 2019 All Rights Reserved.